歯を失った方へ

sp_btn01.png
24時間WEB予約

歯を失った場合の治療法

虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまった場合、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療法があります。当院では、このすべての治療に対応しています。それぞれのメリットやデメリットをしっかりご説明いたしますので、患者様の症状やご要望、ご都合などに合わせて、最適な治療を選んでいきましょう。

当院の入れ歯治療

現在の入れ歯に、「痛い」「違和感がある」「噛めない」といったお悩みをお持ちではないですか?
当院では、装着時にきちんとフィットして、痛みなくしっかりと噛める入れ歯をお作りするために、型取りを2回行っています。また、見た目が気になるという方には、金具を使用しない入れ歯などもご用意していますので、今お使いの入れ歯にご不満にある方はぜひ一度ご相談ください。

部分入れ歯について

虫歯や歯周病などが原因で、一本から複数本の歯を失ってしまった場合の治療法として、部分入れ歯という選択肢があります。歯ぐきに似た義歯床と人工歯でてきており、留め金で固定して使用するものです。
当院では、患者さんそれぞれにフィットする入れ歯をご提供できるよう、さまざまな種類をご用意しております。

保険の部分入れ歯

金属のバネで固定する入れ歯です。自費のものと比べて義歯床が分厚く違和感が出てしまうことがありますが、費用が安価で短期間での作製か可能です。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用しないため、審美性に優れた入れ歯です。また、柔らかく軽いため、違和感が少ないのも特徴です。自費診療のため、保健の入れ歯にお悩みの方におすすめしています。

総入れ歯について

歯をすべて失ってしまった場合には、総入れ歯で補う治療法があります。他の歯を使って固定することができない総入れ歯は、お口全体に吸着させて使用します。
当院では、保険診療・自費診療ともに総入れ歯をご用意しておりますので、症状やご要望に応じて対応いたします。

保険の総入れ歯

プラスチックでできているため義歯床に厚みがあり、熱い、冷たいなどの温度が感じにくいデメリットがあります。しかし、費用が安価で、修復もしやすいのがメリットです。

コンフォートデンチャー

生体用シリコーンでできているため、装着時の違和感や痛みが少ない入れ歯です。吸着性があり外れにくく、劣化しにくいのも特徴です。デメリットとしては、保険の入れ歯に比べて費用が高価であることや、調整に時間がかかる違いがあります。

当院のインプラント治療

インプラント手術に対し、「怖い」「危ない」というイメージをお持ちの患者様も多くいらっしゃいます。しかし当院では、手術前はしっかりとレントゲン写真や型取りした模型を用いながら、インプラントを埋め込む骨の深さや向きなどをチェックして、より安全な手術を安心してお受けいただけるように努めています。治療中も、その都度レントゲンを撮って確認しながら進めてまいりますので、ご不安な方もどうぞご安心ください。

インプラント治療の流れ

1レントゲン撮影や型取りなどの各種検査をします。

2術前カウンセリングで、検査結果と手術内容について丁寧にご説明いたします。

3ご納得いただけたら、手術を行います。

4消毒をしながら経過をチェックし、傷口が塞がるのを待ちます。

5傷口が塞がったら、インプラントの上に人工歯を装着します。

6術後は、定期的にメンテナンスに通っていただきます。

安心の10年保証

当院でインプラント治療をお受けいただいた患者様には、その後10年間の保証制度を設けています。万が一、「外れた」「壊れた」などのトラブルが起きた場合も、再手術させていただきますのでご安心ください。また、転居後もお近くの歯科医院で対応できるサービスもございます。なお、保証が適応されるのは、治療後も定期的なメンテナンスをお受けいただいている患者様に限らせていただきます。

骨の高さが不足している方へ

GBR法

インプラントを埋入するための骨の量が不足している場合、骨組織の再生を促すGBRという骨誘導再生法を行います。インプラントを支柱にして、再生させたい骨の部分に人工メンブレンという膜を入れます。歯肉を元に戻し、骨の再生を待ちます。

ソケットリフト

専用の器具で上顎骨の一部を粘膜側へずらし、インプラントを埋入するための深さを確保する治療法です。ドリルで骨を削り、その穴から手術を行いますので、簡単な外科処置になります。また、同時にインプラントの埋入手術を行うこともできます。

「治療期間はどれくらい?」「治療費はどのくらい?」など、お気軽にお問い合わせください。
もちろん、無理におすすめすることはありません。

石神井公園駅 西口 徒歩1分

bn01.png
24時間web予約