虫歯治療

sp_btn01.png
24時間WEB予約

当院の虫歯治療 ~出来るだけ削らずに残す治療~

虫歯治療で一度削ってしまった歯は、治療していない健康な歯よりも再び虫歯になるリスクが高まってしまいます。当院では、一生涯ご自身の歯でお食事を楽しんでいただくためにも、歯はなるべく削らずに残す治療を心がけています。
同じように、患者様が抜きたくないとご要望される場合には、抜かないで残せる方法はないかと出来る限りの手を尽くしていますので、遠慮せずにお伝えください。もちろん、こういったケースの場合、私どもからもご提案させていただきます。

虫歯を見逃さない【ダイアグノデント】

当医院では、明らかに削らなければ治らない歯以外、初期の虫歯を見つけたら「すぐに削って治す」ということはお勧めしておりません。
虫歯の進行度を数値化する機械「ダイアグノデント」を使用し、極力ご自身の天然歯を残し、治療による詰め物・被せ物は最終手段としてご提案をしております。
また、治療をしなければならない歯に対しても、削らずに治す治療法、ドッグベストセメント療法をご用意しております。

できるだけ抜かない・削らない治療【ドックベストセメント治療】

ドックベストセメント治療は、虫歯を削るのではなく、虫歯を削らず殺菌する治療法です。
歯を失うこともありませんし、痛みもなく負担の少ない治療です。

○このような方にお勧めです。

  • 虫歯治療を何度も繰り返している方
  • 歯を削りたくないとお考えの方
  • 麻酔をせずに治療したいという方

※注意事項
虫歯の進行状況によっては半年以上経過を見させていただくことがあります。
変色・着色した虫歯まではすぐに除去できないため、見た目の気になる箇所はおすすめ出来ません。 歯の大分部が崩壊している場合は使用できない事があります。

※自費診療のため、無理にお勧めはしません。ご案内時に興味があればおっしゃって下さい。

自然治癒力で治療を行う、小峰先生の書籍に
当院が紹介されております。

虫歯の進行と治療法

C1:虫歯の初期段階です。虫歯部分を削ってプラスチックの詰め物をする治療をします。

C2:冷たいものがしみる状態です。治療は虫歯部分を最小限削り、その部分にプラスチックの詰め物をします。

C3:この段階になると、痛みが出てきます。虫歯が神経に達している場合には、神経を取り除くか除菌をして、被せ物をする治療をします。

C4:歯を残すことは難しい段階です。しかし、周りの歯の根や骨の状況に応じて残せる可能性もあります。

詰め物・かぶせ物の種類

虫歯になった時には、虫歯を削り、その部分に詰め物や被せ物をします。その詰め物や被せ物には、保険適用から保険適用外のものまでさまざまな種類があります。
保険適用の素材では、銀歯やレジン(プラスチック)があります。安価ではありますが、見た目の悪さや金属アレルギーの心配、耐久性などのデメリットが生じます。
保険適用外の素材では、セラミック素材を使用したものが数種類ございます。保険適用の素材と比べ、見た目が白く美しく、身体にも優しいメリットがあります。また、近年のセラミック素材は耐久性や精度も非常に高くなっています。

「治療期間はどれくらい?」「治療費はどのくらい?」など、お気軽にお問い合わせください。
もちろん、無理におすすめすることはありません。

石神井公園駅 西口 徒歩1分

bn01.png
24時間web予約