スタッフブログ

sp_btn01.png
24時間WEB予約

2016.07.13更新

 前回は、対処療法と原因療法についてお話をしました。

そして、原因療法が大切なところまで話しましたので具体的に迫っていきたいと思います。

むし歯を例にしますと、むし歯が出来るのはなんででしょうか?

ご存じの方は多いと思いますがむし歯は、むし歯菌(ミュータンス菌)が出す酸によって歯が溶けてむし歯になります。

このむし歯菌、実は生まれたときはお口の中にはいないんです。それが成長していく中で、どこからかもらってくるのです。

一般的には、両親や周りの人からの唾液感染と言われてますが・・・  じゃあ!その時に気をつけていればむし歯にならなくなるの?

といった、意見がありそうですがかなり大変だと思います。

だって、近くで話すことすらままならなくなるからです。

子育てで大変な時期にそこまで神経を使うのはのは酷と言えます。 むし歯菌がいても活性化させなければいいのではないかと思います。

それには、ハミガキ、砂糖の等の甘い物の取り方、定期的な歯の検診、必要ならバイオフィルムの除去これくらいでむし歯の発生はかなり抑えることが出来ます。

と言うか、理論的にはむし歯にならないはずです。

これらのことが、原因療法でありおそらくどこの歯医者さんでもやっているのではないでしょうか?

もしやってないのであれば、予防は望めないので予防をしたい方はやっているところを探しましょう。  

治療だと痛い思いはするは、原因の除去はできていないのでまたむし歯に為るリスクは高いままですし良いことないですよね。ぜひ、予防をオススメします。  

投稿者: なかがわ歯科医院

「治療期間はどれくらい?」「治療費はどのくらい?」など、お気軽にお問い合わせください。
もちろん、無理におすすめすることはありません。

石神井公園駅 西口 徒歩1分

bn01.png
24時間web予約